着なくなった振袖のリメイクとは?

長く使える振袖リメイク術

訪問着に仕立て直し

振袖は未婚女性の第一礼装なので、結婚してしまうと着ることが出来ません。

それを着られる様にするのが、訪問着への仕立て直しです。

訪問着にリメイクすれば、結婚した後も様々な場面で着用できるので、今後も活用できます。

ただし、現在の振袖は総柄(全体に柄が入っている)が一般的なので、袖部分を仕立て直すと柄が切れ、バランスが悪くなってしまう可能性があります。

また、訪問着は振袖よりも控えめな色・柄であることが多いので、振袖から仕立て直した場合、華美になりすぎてしまうことがあります。

これは、どの様な振袖を仕立て直すかによりますので、まずはお店に相談してみるのがおすすめです。

引き振袖・打掛に仕立て直し

結婚式や和装前撮りで着用できる花嫁衣裳の引き振袖や打掛は、実は持っている振袖からリメイクして作ることが出来ます。

「自分のために買ってもらった振袖を、最後に花嫁衣裳として着たい」という願いが叶います。

和装や神前式といった結婚式が流行しているので、引き振袖や打掛に仕立て直すという方が意外と多くいます。

お店にもよりますが、一度仕立て直しをしても、再度振袖に戻せることもあるので、親戚や自分の子どもが着たいという時にも安心です。

振袖を着るチャンスは、結婚のタイミングが最後になるので、この仕立て直しをして活用してから買取ってもらうという方も多くいます。

振袖生地を使った小物にリメイク

自分の振袖をずっと長く活用する方法としては、生地を使って小物や日用品にリメイクするという方法があります。

洋服、バッグ、傘、ポーチ、アクセサリーなど、振袖から様々な物に変身させることができるのです。

振袖の生地は裁断してしまうので、着物として着ることはできなくなってしまいますが、リメイクすれば場所も取りませんし、長く使い続けられるというのも人気のポイントです。