振袖の正しいお手入れ・保管方法

振袖着用後のお手入れから長期保管まで

振袖をクリーニングに出すタイミング

振袖を着用したら、まず全体的に汚れが付着していないか確認しましょう。

長い袖が振袖の特徴ですが、着慣れていないと座った時に床についてしまったり、お手洗いで汚してしまうことが良くあります。

裾がくるぶし丈まであるので、雨の日は特に泥はねなどは念入りにチェックします。

また、着物をあまり着る機会がないと、食事などで思わぬシミを作ってしまう事もありますし、女性のファンデーションで襟元が汚れてしまう場合もあります。

この様な汚れがついている、あるいは目には見えないけれど心配という時は、出来るだけ早くクリーニングに出しましょう。

スタジオ内の撮影だけで使用したなど、あまり汚れが目立たない時には、肌着・長襦袢だけ洗っても良いですが、この先1年以上着る予定がないというのであれば、クリーニングに出してしまった方が安心です。

着物の保管は桐箪笥でなくてもOK

昔から、着物の保管には桐箪笥が良いと言われていますが、この理由はカビの原因となる湿気を寄せ付けにくいからなんです。

しかし、今は箪笥を置いている家庭も少ないので、なかなか難しいものです。

今では、桐素材で作られたケースが売っているので、こういったものを利用すれば場所も取りません。

もっと手軽な方法では、衣類の保管に使われるプラスチックケースを使うという方法もあります。

着物用の防虫剤と除湿剤を入れておき、年2回ほど虫干しをするようにしておけば、簡単に振袖を保管できます。

正絹の振袖は虫食いに注意

現在、振袖に使用されている素材はほとんどが「正絹(しょうけん)」というシルク生地です。

実は正絹は、ヒメマルカツオブシムシという虫の好物で、保管が悪いとすぐに虫食いが起こってしまいます。

また、日本は気候的に湿度が高いので、長くしまいっぱなしにしているとカビが生えてしまうこともあります。

そんな振袖のトラブルを避けるために、年に1~2回「虫干し」を行いましょう。

冬など湿度の低い時期に振袖を取り出し、着物用ハンガー(衣文掛け)に裏返しの状態でつるして、風通しの良い日陰で1日干しておくだけです。

こういった手間が面倒という場合には、「虫干しいら~ず」などの着物の保管用袋を購入すれば、手間もかかりません。